5月といえば、母の日。母の日は日頃の感謝を伝える日ですが、世の中のお母さん皆さん疲れを感じていらっしゃるようです。女性の90%が疲れているという現状には、驚くのと同時に納得できるような気もします。
妊娠や出産、閉経、更年期といった女性ホルモンに左右される出来事も多く、家のなかのことから育児や介護に仕事とフル稼働しています。身体的にも精神的にも疲れを感じるのは当然のこととも言えるでしょう。

いつも「疲れた」が挨拶がわりになってしまっている女性。この疲労感から解放されるにはどうしたらいいのでしょうか。
一番はストレスから解放されることです。ストレスを感じると交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、倦怠感や疲労感をはじめとした体の不調につながります。副交感神経がきちんと働いてくれることによって日中頑張って働いてくれた私たちの気持ちも体も夜の睡眠時に回復させてくれているので、自律神経が乱れると慢性的に疲れを感じるようになってしまいます。
さらに卵巣への指示がうまく届かなくなるため、ホルモンの分泌にも影響が出ます。エストロゲンとプロゲステロンのバランスも崩れることで、さらに疲労感が増すという悪循環にはまってしまうのです。
次に大切なのは、生活環境を変えること。食事や睡眠、運動といった日常生活の質を少しずつ高くすることで、疲労感を取り除くことができます。疲労回復によいとされるビタミンB群がたくさん入った食事をとったり、ゆったりとした睡眠がとれるように寝る2時間前から間接照明で過ごしたりといった少しの工夫をしてみてください。
そして何より周囲の一言。「お疲れさま」「ありがとう」という温かな一言で疲れが飛ぶという方も多いと思います。母の日以外の毎日のなかでも大切な一言です。