曇っていても紫外線が増える季節です。毎年夏に向けて紫外線対策を始める方も多いのではないでしょうか?
夏にオイルというと敬遠されがちですが、紫外線の強いこの時期だからこそ美容のケアにオイルをお使いいただきたいと思っています。

毎年暑さが増しているようにも思えるこの季節、湿度も高くなり汗をかくことも多くなります。私たちは汗をかくことで体温を調節しています。汗をかくと肌の表面で水分が蒸発して体表を冷やし、体温が高くなり過ぎないようにしてくれますが、水分を蒸発させるので肌は水分不足になります。
また日差しに照らされ冷房にさらされてカピカピに乾燥してしまった肌の状態を守ろうと皮脂をたくさん出すと考えられています。この皮脂があるため、必要以上に洗ってしまったり拭き取るときに肌を傷つけてしまったりすることがあるので注意が必要です。
暑さや肌の表面にある皮脂に惑わされて、肌の水分不足を見逃さないことが大切です。

近年、オイルには紫外線を防止する成分が含まれていると言われることがあり、日焼け止めのように思っている方もいらっしゃいます。オイルはどんなオイルであっても日に当たると酸化しますし、紫外線を防ぐことはできません。

紫外線には種類があります。UV-Cはオゾン層まで届く紫外線で地上には届きません。UV-AとUV-Bはそれぞれ私たちの肌まで届く紫外線です。レジャーなどで外出した際に影響があるのがUV-B。表皮で散乱し、皮膚に水ぶくれや肌荒れを起こします。日傘や日焼け止めで防ぐことができます。
日々生活しているうえで知らず知らずに影響を受けているのがUV-A。表皮を通過して真皮まで到達し吸収してしまいます。メラニン色素が沈着して酸化が起こりますが、曇りの日でも私たちに降り注いでいるので非常に危険な紫外線です。

夏にも必要な保湿オイル。純度が高く、浸透力の早いオイルを使うと素早く吸収してくれるのでオイル焼けを防ぐことができます。さらにお天気に関わらず日焼け止めを日課にするようにしましょう。肌の奥と外と両方を考えて、毎日のお手入れをしていただきたいと思います。