• 03-6721-1710
  • info@ceraworld.com

2018年3月コラム「花粉症による肌荒れとオイルケア」

2018年3月コラム「花粉症による肌荒れとオイルケア」

花粉症といえば、くしゃみや鼻水が止まらないというイメージですが、実は花粉は肌にも悪影響を与えています。この時期の肌荒れの理由を、何度もティッシュを使うから? 一日中マスクをしているから? 季節の変わり目だから?と考えていませんか。
花粉が肌につくことによって、まぶた、頬、顎や首まで赤みや痒みが出ます。ヒリヒリしたり、皮がむけたり、湿疹が出たりと症状はさまざま。花粉症と一緒に見られる症状でもありますが、最近は皮膚炎のみが出るケースも増えてきました。
寒暖差も激しく、まだ暖房の風にも当たり、肌は乾燥しています。免疫力や抵抗力が低くなっているところに、アレルゲンが運ばれてくることになります。
花粉症皮膚炎にならないようにするためには、花粉がついている状態をできるだけ短くすることと保湿を心がけること。やさしく泡立てて洗顔をするようにしてください。できれば髪の毛からしっかり全身洗い流してしまいましょう。そして大切なのが保湿ケアです。
免疫力が下がった肌には、包み込むオイルケアがおすすめ。 洗顔をするときも同じことが言えますが、こすったり触りすぎるとダメージを与えてしまいます。両手にオイルをとって手に馴染ませたら、肌にオイルを吸わせるように、そっと手を当ててください。顔は立体になっていますので、カーブに合わせて手をそえることが大切です。額や鼻から下の部分は片手で横から当てます。特にピタピタ動かす必要はありません。まんべんなくオイルが付くように何度か繰り返しましょう。肌がお腹いっぱいになると、手にオイルが残るようになりますので、肌が欲しているだけのオイルを吸収させるようにします。 また、オイルに花粉がすぐについてしまわないよう吸収率の高いオイルを使うか、夜のお手入れにオイルケアを取り入れてください。 オイルケアでダメージを防ぎ保湿をしておくと、マスクが外せるころにはターンオーバーされたキレイな肌が出来上がっていることでしょう。

cera