2018年4月セラ表参道ワークショップ「リップパックづくり」

ビタミンEオイル「セラリキッド」

次回4月20日のワークショップは、「ふんわり唇になるリップパックづくり」です。

季節の変わり目、唇も乾燥しがち。
ビタミンEオイルを混ぜるだけの簡単パックを作りませんか?
口元を中心としたオイルケアの方法もお伝えするので、
お帰りになるときには、
春の新色が似合うリップになっているはず!

いつも少人数で和気あいあいと楽しい時間を過ごしています。
不器用だからクラフトはちょっと…という方も大歓迎です。
お気軽にご参加くださいませ。

開催概要

ワークショップ名 「リップパックづくり」
日時 2018年4月20日(金)18:30~19:30
会場 表参道セラ治療院

東京都港区南青山3-14-26 CASA SERENA

講師 町田 映子
持ち物 メイクが落ちることがありますので、
必要な方はメイク道具をお持ちください。
参加費 1,000円(税込)
お問い合わせ

お申し込み

下のフォームからお申し込みください。
※定員になり次第締め切らせていただきます。
(先着6名様)
株式会社セラ ワークショップ係
TEL:03-6721-1710
メールでのお問い合わせはこちら

お申し込みはこちら

お名前*

メールアドレス*

メールアドレス* (確認用)

電話番号*

郵便番号*

ご住所*

ご要望、ご質問がございましたら併せてご記入をお願いします。

確認画面は表示されません。上記内容で送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


※本申込フォームにご入力いただいた個人情報は厳重に管理し、弊社からのご連
絡のみに使用いたします。弊社の個人情報の取り扱いについては以下をご確認ください。http://ceraworld.com/privacy/

オイルケアでぷるツヤ唇に②

ビタミンEオイル「セラリキッド」

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

よく寒くなると唇が紫色になったり、
白っぽくなったりすることがあります。
普段でも意外と血行が 悪く
色が悪い唇の方もいらっしゃいます。
唇のオイルケアをすることで、
血行がよくなり、乾燥 を防ぐことができます。
唇のケアはお風呂で温まった後や
ホットタオルをあてた 後に行うといいでしょう。
ホットタオルはタオルを電子レンジに入れて簡単に作れます。
オイルを使う際には
口のなかに入っても大丈夫なオイルかどうかを 確認してください。
また、過度な刺激にならないように気を付けて、
中指や薬指を使ってやさしく行います。

③へつづく…

ビタミンEの発見

ビタミンEオイル「セラリキッド」

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

ビタミンEは、
1922年にラットの妊娠に必要な因子として発見されました。
ラットを脱脂粉乳で飼育すると、
不妊症になるというところから研究がスタート。
レタスや小麦胚芽を加えると妊娠できることから、
これらのなかに共通したの栄養素が含まれていると考えました。
1923年に5番目に発見されたことから、
ビタミンEと命名。
1936年には最も活性のあるビタミンEを単離し、
トコフェロールと命名されました。
トコフェロールの語源は
ギリシャ語のtocos「子供を生む」
phero「力を与える、獲得する」に由来します。
ビタミンEは、まさに
妊娠に必要なもの
という意味を持っているのです。

たんぱく質と低体温①

ビタミンEオイル「セラリキッド」

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

最近は低体温の方が多く見られます。
夏のような暑さを感じるほど気温は上がってきましたが、
皆さまはいかがでしょうか?
手先や足先だけ冷たく感じてはいないでしょうか?

体の代謝をスムーズに促していくためには、少し高めの体温が必要です。
体温が低いといろいろな代謝が滞ってきます。
例えば、不妊症の患者さんの足を触ると氷のような冷たさを感じます。
その冷たい血液が子宮に運ばれ、卵巣、子宮などでの代謝を抑えてしまいます。足が温かくなってくることが妊娠の目安にもなります。
かといって毎日足湯をするだけでは解決にはなりません。

②へつづく…

オイルケアでぷるツヤ唇に①

ビタミンEオイル「セラリキッド」

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

急に暖かくなって、桜も満開になりました。
気温も上がり、体にも肌にも急激な変化が起こりやすい時期です。
唇がガサガサしていたり、皮がむけやすくなっていませんか?

顔の肌の状態に比べると見 落としがちな唇。
ですが、皮膚も薄くデリケートです。
唇には肌のように皮脂腺がありません。
そのため、肌に潤いを与えてくれる皮脂が分泌され ることがありません。
カサカサになることはあってもオイリーになることはないのです。
肌は皮 脂によってバリア機能が働いていますが、唇にはそれがなくダメージを受けやすいことがわか ります。
さらに、角質層もとても薄いものしか存在しません。
角質層とは表皮の一番上にあるもので 0.02 ㎜ほどの厚さしかないのですが、内部の水分が蒸発しないよう肌を守ってくれています。
唇は水分が蒸発しやすく、乾燥しやすい状態なのです。

②へつづく。