• 03-6721-1710
  • info@ceraworld.com

著者アーカイブ

痛みの緩和とオキシトシン

9月のある日、帝京大学医真菌研究センター所長の安部茂教授から本が1冊送られてきました。「オキシトシン」シャスティン・ウヴネ―ス・モベリ著(晶文社)という本で、本の所々に安部先生の色々な書き込みがあり、最後の方に私の名前が書いてあり、読ませたいと書いてありました。
安部先生とは十数年来の長い付き合いです。J-EATが主催する講演会には何度も講演をしていただいています。
10月10日、11日大阪国際会議場で開催された日本アロマセラピー学会では、ランチョンセミナーの1時間の枠を30分が私で、残りの30分を安部先生が受け持ち、“炎症性疾患患者へのアロマセラピーの実地と基礎―中国での展開を交えてー”をテーマに講演をしてきました。そこで、この「オキシトシン」についても説明してきましたので、ご紹介します。

私の講演では、中国のアロマセラピーの流れと2年後に開園予定のアロマテーマパークについての話から入り、肋間神経痛の患者さんの例を引き、ペインクリニックなど半年以上の治療でも痛みが治まらず、私の治療院に来院されて痛みが治まった実例を話しました。
この患者さんをはじめ、痛みなどを持っている患者さんの患部に触れていない医師が多く、この患者さんも私の治療院に来て、初めて患部に触れられたと言っていました。今の医療に足りないところはタッチング、触れることであること、そしてマッサージ、鍼などでの手技治療での痛みに対する理論を三つ紹介しました。
一つは手技によって血流が良くなり、体温が上がり、脳血管を支配する自律神経ニューロンに刺激が伝わり、アセチルコリンを放出し、痛みが抑えられること。
二つはゲートコントロール理論。痛みはA-delta繊維を使って脊髄に伝わり、タッチングや鍼による刺激はA-beta繊維を使って脊髄に伝えられます。それぞれが同じ脊髄伝達細胞に伝わりますが、それぞれゲートがあり、強い刺激の方が脊髄伝達細胞に伝わり、弱い刺激の方は伝わらない。痛みを伝えるA-delta繊維は細く、タッチングや鍼の刺激を伝えるA-beta線維は太いので、A-betaの方が優位に伝わります。このようにゲートでコントロールされて痛みは抑えられるのです。
三つ目はオキシトシンによって痛みが抑えられることです。オキシトシンは出産、授乳、母性行動に関わるホルモンとして知られていましたが、“オキシトシン”の著者、スウェ-デンの生理学者のウヴネ―ス・モベリは4人の子供の妊娠中、授乳中、そして子供達と密接に接触してきた時期に、挑戦、競争、達成などに関わる精神生理学的状態とは全く異なる「安らぎと結びつき」を感じ、その研究に入ったと言っています。挑戦、競争、達成などによるストレス、痛み、孤独、緊張など「闘争か逃走か」システムに対して、休息、優しさ、人の交わり、くつろぎ、成長、治癒など「安らぎと結ぶつき」システムによってバランスを取っていかねばならないと主張しています。いま自律神経系を扱う論文では90%が「闘争か逃走か」システムを活性化する交感神経に関するもので、「安らぎと結びつき」に関する副交感神経は10%に過ぎないそうです。
そしてオキシトシンは美味しい食事をした時とタッチングで生じると言います。美味しい食事は内側からのマッサージと解釈されています。今後オキシトシンがキーワードになって、癒しが科学的に認められる世界になるでしょう。

町田 久

cera

「ガタ高」の記憶

私の肩書きが一つ増えました。
それもノーベル賞が絡んでいます。
その肩書きはノーベル化学賞の鈴木さんが私の先輩ですというものです。

先日、ノーベル化学賞に鈴木章さんら3名が選ばれました。鈴木さんは北海道大学名誉教授ですが、生まれは鵡川町で、道立苫小牧東高校(旧制中学校)の出身。私は苫小牧東高校出身ですので、彼は私の先輩にあたります。
鵡川町は苫小牧から電車で30分、襟裳岬の方角です。当時は汽車通学ですので、時間は1時間近くかかったと思います。鵡川はシシャモの街。今頃鵡川を抜ける道路沿いでは、店を囲むようにシシャモのすだれ干しが続きます。

私が通っていた当時、苫小牧東高校は「ガタ高」と言われていました。
おんぼろ校舎で廊下を歩くとガタガタと音がたち、窓も木枠でしたので、よく閉まりませんでした。1学年800名以上で13クラス、1部屋60名以上のすし詰め教室。夏は風通しが良くていいですが、冬は大変です。苫小牧はスケートのメッカ、校庭や、公園に夜、水を撒けば、翌朝にはきれいなスケート場に変身します。私も3歳の時からスケート靴を履いて夜間照明のある本格的な屋外スケートリンクで遊んでいました。今でもスピードスケート、アイスホッケーのオリンピック選手を苫小牧から輩出しています。
冬は-10度以下に気温は下がり、雪は少なく冷たい風が吹き込みます。教室の黒板の横にダルマストーブが一つありました。ダルマストーブは鋳鉄製の大型ストーブで「十能とデレッキ」で石炭をくべていき、大きな胴長の丸いストーブが真っ赤になるほど、すごい熱風を出しますが、それは前1,2列まで。1,2列までの生徒は顔を真っ赤にして汗をかいています。ところが3列目から後ろは窓から冷たい風が吹き込んで、震えて授業を受けていました。鈴木さんが苫小牧東高で授業を受けていた頃は、もっと厳しい生活環境であったことでしょう。
北海道は1871年に北海道開拓使が札幌に置かれ、それから屯田兵制度によって士族が家族を連れて入地し、未開拓な土地を割り当てられて開拓が始まりました。1970年に札幌の郊外、野幌に開拓100年を記念して開拓の村、記念塔などが作られました。北海道の歴史は新しく、色々なしがらみがありません。また大きな自然があるので、おおらかで、細かいことにこだわらない人柄の人が多いと思います。

高校生までの環境がその人の人柄から物の考え方、健康まで大きな影響を与えると思います。
食べ物にしても小学校の時、バスで長い時間バスに揺られて、一升瓶を持って牛乳を買いに行っていました。ウニも海岸で割って食べていました。今では食品衛生法などで無理なことでしょう。また、工場から1ポンドのバターを買っていましたので、それが東京では4分の1とか8分の1ポンドの大きさでしたのでびっくりしたことが思い出します。
乳製品は子供のころから当たり前に摂取していたし、それで子供のアトピー患者がいたとは思えません。トウモロコシ、ジャガイモなどがおやつでしたし、タマネギなどの甘味も小さい時から知っていました。

田舎のない子供の環境を考え、フランス、ドイツのように学校が休みの時期に家族が計画年休を申請し、それを企業が支援するような制度が必要でしょう。祝日が日本と比べて4日~7日少ないイギリスをはじめ、欧州各国にしても有給休暇取得率はほぼ100%です。
日本の厚生労働省は労使で有給休暇の取得率の数値目標を設けることを努力義務にしています。
1週間ぐらいの家族旅行を毎年続けて欲しいと思います。

町田 久

cera

儒家、道家、仏家の養生思想

7月下旬、札幌で第18回統合医療機能性食品国際会議がありましたが、この会には、会の発足当時から中国福建中医薬大学の杜前院長が参加しています。今年も大学から5名が参加してきました。
とくに今年は会の前に来日していただき、北海道下川町に行って森を散策し、モミの木の精油の抽出を見学してきました。また地元のNPO“森の生活”が町民に声をかけ、夕方に杜院長の講演会、次の日の早朝には公園で八段錦という中国の気功を杜院長を囲んで行いました。
講演会は“長寿と中医養生法”をテーマに話されました。内容の一部を紹介します。

“人類の寿命はどの位あるでしょうか。4000年前に人の平均寿命は18歳でした。3900年が経って100年前、ようやく人の平均寿命は30歳になりました。1975年になって人の平均寿命は59歳になり、現在、人の平均寿命は67歳です。
しかし日本の人の平均寿命は世界中で一番長いです。79歳、80歳ぐらいでしょう。今のヨーロッパの人の平均寿命は73.7歳になりました。中国の人の平均寿命は、今年、67歳なりました。2050年になって、中国人の平均寿命は80歳ぐらいなると予測できます。ということは40年経って、中国人の平均寿命は今の日本人の平均寿命と同じになります。
世界の人の老化趨勢はますます進み、年をとる人はだんだん増え、老年化現象は世界の厳しい問題になってきています。老年病で最も主要なのは、心、脳血管の疾病、また高血圧と癌です。日本の現在の癌の発病状況は全世界中で最も高い方です。また老年痴呆の発病率は今世界の一位です。ですから、もし日本で癌と老年痴呆が克服された場合、さらに寿命が延びることになります。
中国の長寿に対する保健養生法はどのような主要の流派があるでしょうか。中国では何千年来、多く学術流派が養生保健について研究しています、今日は主要な、儒家、道家、仏家の三つを紹介します。儒家の代表人物は孔子(前551~前479)です。道家の代表人物は老子(前5世紀頃)です、仏家は仏教で、代表人物は仏陀(前5世紀頃)です。
儒家の特色は社会の人々の中で養生保健します。まず人は道徳があり、高尚な道徳を持っていれば、長く生きられます。道徳を持っている人を仁者と言います。仁者は仁愛の心を持っていて、周囲の人を愛し、近所の人、自分の親戚などに常に親愛な心を持つと、病気になりにくく、寿命が長くなるはずです。それが儒家の養生保健の思想です。
道家の養生思想は素朴な精神に戻って、自然に任せます。今自然を破壊して、環境が変化し、多くの疾病の発生を引き起こしています。道家は私たちに日常生活習慣には規則があり、自然をとらえることを教えてくれました。暗くなったら寝ます、明るくなったら起きます。飲食は粗食淡菜(質素な食事)、油っぽい物をあまり食べないで、偏食もしない、飲食は控え目にすべきである。四季の寒暖に順応し、人工的に寒暖に合わせない。以上のことを守っていれば、私たちは長生きできます。逆なことをすれば私たちの寿命はだんだん短くなります。
最後の仏家の最も主要な思想は、精神と肉体の結合のことです。つまり私たちの物欲と性欲を控えることです。もっと精神上の解脱を探求する、自分自身の修養が目的です。だから私欲がなく、素朴であり、純である。完全に精神的に解脱することを説いています。”

最後に杜院長は
“私たちの寿命の長さは運命とは関係がありません。養生は自分自身の努力です。”
と結びました。

町田 久

cera

学生に見るその国の将来

6月下旬、連日30度を超す札幌で、NPO法人つくし奨学研究基金の理事会、総会、懇親会がありました。この奨学金は医学、薬学の大学院生が対象で、指導教官の推薦が必要です。月10万円を1年9ヶ月給付するもので返済する必要がありません。11年間続けており、延べ143人に2億8千万円を給付してきました。中国、韓国、インドネシア、タイ、エジプトなどからの留学生が多数含まれています。私はこの基金の事務長、理事、会員をしていますが、申請者からいろいろな声を聞くことが出来ます。
“夜通し研究があり、アルバイトをする時間も取れない” “自宅からの通学者が少なく、食費、家賃代の支払いに苦労している学生が多い” “父親が亡くなったり、病気で職につけないなどの家庭事情で学費の支払いが困難” “生活費だけでなく、試材など研究費にお金がかかる”など。

独立行政法人「日本学生支援機構」から奨学金を受けている学生も多いです。経済状況が悪化していくにつれ、この給付を受ける大学生は2008年度で40万人と増える一方です。ただし日本学生支援機構は返済の義務があり、大学で200万、大学院で200万合わせて400万の奨学金を得て、返済義務を持って社会に出るケースが多いそうです。
またアメリカでは大学、大学院あわせて1000万円を超える奨学金を得て、卒業後、返済していくケースが多いそうです。
中国では20年ほど前は学費がいらず、却って生活費の一部を受け取っていたそうです。今では例えば中国福建中医薬大学では1年間の学費が6300元、日本円では約9万円。先日広洲でのトヨタの部品工場でストがありましたが、それは月収1200元前後からの賃上げ闘争ですから、地方の人にとっては大学の学費はかなりの負担を強いられています。中国は成績トップから奨学金が出ます。あるいは経済的に負担が大きい学生には学費の半納などで対処しているそうです。いずれにしろ、学生たちの活気がその国の将来が見えてきます。そして今一番活気があるのは中国の大学でしょう。
私どもと22年前から交流をしている福建中医薬大学は1958年に創立された、中国で最も古い中医薬大学の一つです。大学には13の学院(学部)と2つの研究院(大学院)があり、在校生は9200人、スタッフは2500名。8つの付属病院と3つの臨床医学院、20の教学医学院を持っています。5年制で、大学院まで進むと7年制になる。大学は市内(留学生用、大学院生)と郊外(大学生)に2つのキャンパスがあり、私は毎年、鍼灸科、医療美容科、リハビリ科などの大学3年生100名を対象に集中講義をしています。講義の内容は日本の統合医療の実態、分子栄養学、アロマの科学、アロマでの鎮痛、鎮静、興奮、睡眠、免疫不活などのデータを示していき、ビタミンオイルを使っての実技、顔鍼などの実技もしていきます。毎年、彼らの熱心さ、明るさ、親切な気持が熱く伝わってきます。

町田 久

cera

メタボリックシンドローム ~少し太目が・・・

一昨年の健康診断の時からお腹の周りをメジャーで測られました。メタボリックシンドロームの検査が伴ってきたわけです。メタボは心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化性疾患の危険性を高める複合型リスク症候群を統一したもので、1999年にWHOで診断基準を発表しています。
日本では、内臓脂肪蓄積のマーカーとしてウエスト周囲が男性で85センチ、女性で90センチを要注意として、その上で①血清脂質異常:トリグリセイド[中性脂肪]値150mg/dl以上またはHDLコレステロール値40mg/dl以下 ②血圧高値:最高血圧130mmHg以上または最低血圧85mmHg以上 ③高血糖:空腹時血糖値110mg/dl以上の3項目のうち2項目以上有する場合メタボリックシンドロームと診断しています。
厚生労働省は40歳~74歳までの中高年の保険加入者を対象に特定検診の実施を義務化し、メタボ認定者または予備軍と判定された者に対して特定保険指導を行うことを義務づけて、5年後に成果を判定して、結果が不良な健康保険者には財政的なペナルティーを課すとしています。厚生労働省では中高年男性の2分の1が、女性の5分の1がメタボ発生率と見込んでいます。はたして中高年男性2分の1の人が医療機関に検査、指導に通い、心筋梗塞、脳梗塞になる人が減るでしょうか。
この場合BMI[体格指数]もみます。これは体重(㎏)を身長(m)の2乗で割った数字で、標準体重は22前後で、25以上は肥満とされます。私の場合は体重が73㎏、身長は173㎝ですから、BMIは24.4。肥満の一歩手前になってしまいます。
ところが厚生省が1990年から13年間の40歳~68歳までの男女9万人の調査では、男でBMIが23~27、女でBMIが19~25で死亡危険度が最も低く、私の場合も最も健康的な体格とみなされます。この数字を目安にして、ぜひBMIを測ってみてください。
BMIが30以上になると10年後の死亡率は男女とも約2倍になる。BMIが30というと173㎝で90㎏、これだとやはりかなりの肥満といえるでしょう。
アメリカの国の文献データベースであるPubMed(パブメド)では、BMIが35以上になると女子で子宮頚がんが6倍、腎がんが5倍、男子では前立腺がん3倍とがんの発生も高くなる。だがBMIが19未満でも男女とも死亡率は約2倍になる。太りすぎも痩せすぎも不健康、やはり少し太めが健康的だと言えるでしょう。

大阪大学分子制御内科学教室で脂肪組織から分泌されるタンパク質、アディポカインを見つけました。アディポカインは善玉と悪玉があり、脂肪の代謝、高血圧の調整、糖の代謝の調整を行っています。善玉にはアディポネクチン、レプチンがあり、これらの機能を高めています。内臓脂肪が増えても、痩せすぎでも悪玉アディポカインが増え、善玉アディポカインが減ります。
善玉を増やすには運動と大豆と言われていますが、ライチのポリフェノールに善玉アディポカインを増やす働きがあるようです。私はこのライチポリフェノールを主成分としたサプリメントを摂取していますが、摂取して2年、動脈硬化が標準より高かったのが、標準を通り越して、若い動脈に変わっていきました。これはなかなかの優れものです。

町田 久

cera