• 03-6721-1710
  • info@ceraworld.com

Category Archiveマンスリーコラム

紫外線にはご注意を

先日テレビNHKスペシャルで紫外線にまつわる病気の特集をしていました。
オーストラリアの日光による皮膚ガンの発生率は世界一で、特にヨーロッパから移住してきた白人に皮膚ガンの発生リスクが特に高く、2人に1人が皮膚ガンになると予想されています。特に8割以上は日光にさらされて顔に出来たと報告されています。今回のテレビでも何度も何度も皮膚ガンの手術を繰り返してきている男性が紹介されていました。太陽の陽は緯度の低い地方ほど強いわけですが、オーストラリア人はビーチが好きで毎夏560万人が日焼けしていると言われています。

ガン研究所をはじめ国が色々なキャンペーンを行っていますが、その中にsun smart(サンスマート)プログラムというのがあります。
1) slipスリップ(長袖を着る)
2) slopスロップ(日焼け止めを塗る)
3) slapスラップ(帽子、サングラスをかぶる)
と3つの方法を提唱しています。10歳までに浴びる紫外線の量が多いと生涯における皮膚ガンの発生率が3~5倍高くなると言われ、小学生から高校生までこのsun smartプログラムを徹底させています。

ところが一方、イギリスの日照時間の少ない地方に住む黒人の子供は骨が変形したり、成長が妨げられたり、毎日ビタミンDを投与されています。黒人は皮膚にメラニン色素が多く、紫外線をブロックしてしまい、日照時間が少なくなるとビタミンD欠乏症になってしまいます。ビタミンDは紫外線が当たることによっても体内で合成され、カルシウムの骨への吸収を促します。

日本でも新潟など日照時間の少ないところは骨粗しょう症のお年寄りが多く、逆に札幌では皮膚病が多くなっています。札幌は北極圏のオゾン層の破壊と関連して、オゾン層におけるオゾンの量が顕著に減少し、有害紫外線の量が増えてきています。
このように日照時間、オゾン量などで紫外線は多くても少なくても問題があり、皮膚の色によっても影響があります。自分の地域の季節ごとの紫外線量に関心を持つことが必要です。

紫外線は、可視光線より短く、光のスペクトルで紫色よりも外側になるので、英語ではultraviolet といいUVと略されています。UVには波長によって3つに分けられます。UVA(400~315nmナノメーター)、UVB(315~280nm)、UVC(280nm)があり、UVA、UVBはオゾン層を通過して地表に達しますが、UVCは通常は大気を通過できません。UVAは皮膚の奥まで入り、コラーゲンにダメージを与えて、肌の弾力を奪い、しわやたるみを作り、UVBは表皮に入り日焼け(サンバーン)を起こし、防御反応を取って免疫を低下させ、皮膚ガンや白内障の原因になります。
紫外線による酸化を防ぐには、外出前のビタミンC、ほかにプロテイン、ビタミンE、Aが必要です。日焼け止めのクリームはSPFの数字が目安で何も塗らないと肌は20分ぐらいで赤くなります。たとえばSPF10のクリームですと10倍の200分、3,4時間効果があるわけです。長い外出の場合は40とか50がいいでしょう。そして帰宅してからのビタミンEオイルでのマッサージが効果的です。

町田 久

目のサプリメント ~健康診断に向けて

毎年暮れになると健康診断を受けに行きます。
日常色々なサプリメントを入れていますが、検診の1,2月前から狙いを定めて、そのためのサプリメントの量を増やしていきます。去年は視力に焦点を合わせました。視力はサンクリニック(乳腺科、内科、小児科)の杉野先生からピクノベリーとプラセンターエキスを患者さんに勧めて、視力が良くなっている患者さんが多いと報告を受けていました。そこで今回の検診に際し、私は視力回復のためにピクノベリーとビタミンAを多く摂取してみました。
結果は2006年11月29日、右0.7、左0.6の矯正視力が、2007年11月1日、右1.0、左1.0に回復していました。この数字は杉野先生から受けた20~30例の報告と同じようなものでした。

ピクノベリーはフランス海岸松から抽出したピクノジェノールにルテイン、ビルベリー、アスタキサンチンなど眼に対する抗酸化物質を配合したものです。
ピクノジェノールは子宮内膜症、月経痛によく使われるもので、アメリカなどではアスピリンの代わりに心臓発作、脳卒中の予防に使われています。また失明原因1位の糖尿病による網膜症に効果が見られています。網膜の毛細血管のもろくなるのを防ぎと弾力性を高めて保護する働きがあるという研究結果が出ています。
ルテインは、ほうれん草などに多く含まれているカロテノイドで水晶体と黄斑部(眼の奥、眼底の中心とその周辺)にあって酸化を防いでいます。
アスタキサンチンはサケ、イクラ、エビ、またカニなどの甲殻類の殻に見られる赤色のカロテノイドで光障害から眼を保護する抗酸化物質です。
ビルベリーはブルベリーの原生種と言われ、北米、カナダの砂地に生育し、黒紫色の果実をつけます。その果皮にアントシアニンという抗酸化物質を含んでいます。アントシアニンはロドプシンの働きを助けます。ロドプシンは目の網膜にある紫色の色素で、ロドプシンに光が当たることで分解され、そのエネルギーが脳に信号を送り、“ものが見える”と認識されます。このときビタミンAと共にアントシアニンがロドプシンの再合成に関わります。ロドプシンの再合成が視力回復には最も重要な働きと言えるでしょう。

眼球の内腔を埋める硝子体は透明なゼリー状の組織でコラーゲンとヒアルロン酸が成分です。硝子体の透明度は視力の必要条件です。コラーゲンの生成にはビタミンCが、ヒアルロン酸の生成にはビタミンAが必要です。このようにピクノベリーとビタミンAを併用して摂取することは、視力、網膜症のみならず、眼精疲労、ドライアイ、鳥目など眼の一般的な疾患に有効です。
眼は光を視るということですから、どうしても光による眼の酸化は免れられません。カメラのレンズにあたる水晶体が白濁して視力が低下してくる病気である白内障は通常50~60歳に発病し、60歳で65%、85歳で100%と罹患してきます。光による眼の酸化を防ぐのはビタミンA,Cです。これから紫外線が強くなります。この期間、充分なビタミンA,Cを補給することが大切です。

町田 久

ふれあいの町づくり

3月中旬に長野県飯山市でセミナーを開きました。
飯山市森林セラピー協議会が主催です。その飯山市を昨年冬に訪れ、過疎化対策についての話し合いがありました。そのなかで“ふれあいの街”にしてはどうですかと提案してきました。
2月10日、11日が雪祭りでしたが、全く雪がなく、“雪のない雪祭りにようこそ”というのがみんなのキャッチフレーズという豪雪地域の飯山市では考えられない雪祭りを経験しました。雪祭りは地域にとって集客力のあるお祭りとも言えます。
過疎化に対して、外から人を集めようとする動きがあります。人が集まるにはそこに人が集まる何かが無いと集まりません。しかし単に施設を作ったり、外に向かって発信しても先細りの事業になっているものが多いのではないでしょうか。その事業がその地域に根付くには、その住民がどのようにその事業に関わるかが決め手になると思います。住民が活き活きと参加するものでなくてはなりません。まず地域住民の活動の活性化があり、そこに外から人が集まる形にすべきだと思います。

飯山市は森林セラピー基地の認定を受けています。母の森と言われているブナの里山小路(距離1200m、所要時間30分)、茶屋池森林浴歩道(距離2300m、所要時間1時間)、信越トレイル(距離45km)、斑尾高原トレッキングトレイル(距離50km)、神の森と言われる北竜湖周遊の道(距離2.2km、所要時間1時間)、そして修験の山道(距離1.9km、所要時間2時間)のコースを持っています。私の提案はこのような森林環境のある街の皆さん全員マッサージができる街にしようとするものです。それが私の言うふれあいの街という意味です。

今回のセミナーのテーマは“アロマセラピーとセルフマッサージの癒し効果”でスライドを使っての話の後、皆さんが自分でできるマッサージの実技指導を行いました。
赤十字病院が会場でしたので、赤十字病院を始め市民病院の関係者も多数参加されました。5月からはJ-EAT(日本統合セラピスト教育協会)の認定コースが赤十字病院内で行われます。赤十字病院を基盤にして“ふれあいの街”の活動を広げていきます。飯山市観光課旅産業係、森林セラピー協議会を中心にその輪が広がっていくと思います。

触れることで精神的なつながりを深め、不安を和らげたり、痛みをとったり、意欲を促したり、幸福感をもたらしたりと、QOL(生活の質)を高めていきます。そのとき脳内神経伝達物質のドーパミン、βエンドルフィンなどが増えています。
ドーパミンはその量が減るとパーキンソン病、てんかん、多動性、不注意、衝動性などを特徴とする注意欠陥多動性障害(ADHD)認知症、高血圧症などの病気の発症の原因になり、その量が過剰になると、幻聴、幻覚、妄想などの統合失調症をもたらします。また、ドーパミンはカルシウム依存性で、カルシウムによってドーパミンの合成を活性させていきます。また短期間のストレスが必要とされます。ストレスが長時間になるとドーパミンの合成がうまくいかなくなります。そして適当な運動が必要です。
一方、βエンドルフィンはストレスホルモンの切れっ端で、ストレスを与えないと作れません。そして適当な運動が必要です。マッサージ、ふれあいは相手に触れられ、そして続けるというポジティブなストレスです。そこに存在するお互いの信頼感がポイントとなるのです。

町田 久

がんの補完代替医療

いま、医療の世界ではガンに対する治療が大きく変わりつつあります。
今までは抗がん剤、放射線、外科手術によってガン細胞を徹底して叩こうとしていました。しかしあまりにガンを叩こうと一方的なため、自分の体の免疫はどんどん落ちてしまいます。髪の毛が抜け、ひどい吐き気がして食事も取れなくなり、睡眠も良く取れず、気分が落ち込みます。QOL(生活の質)がどんどん落ち込んでいきます。一方的な強い治療によってガン細胞がすっかり無くなると完治するわけですが、どんなに強い治療をしても、ゼロにはならず、数%生き残るガン細胞も出てきます。
生き残ったがん細胞は5年、8年、10年と経つと、又大きくなってきます。大きくなってきたガン細胞は強い治療で生き残ってきたわけですから、今度は強い治療を施しても効果的に働いてくれません。

それに対してなるべく体に負担がかからないやさしい治療をしていこうとする動きが出てきています。
ガン細胞に対して、放射線は周りを傷つけないようにワンポイントに、外科手術はなるべく開腹せず鏡視下での手術、そして抗ガン剤も小用量法で、副作用を少なくしていきます。ガンを徹底して叩くのではなく、身体に優しい治療で自分自身の免疫力を高めてガンに対処していこうとするものです。免疫を高める薬はなかなか出て来ていないのが現状です。免疫を上げるには食べ物を食べること(味覚)、触れること(触覚)、匂いを嗅ぐこと(嗅覚)、視ること(視覚)、聴くこと(聴覚)など五感を刺激していかなければなりません。アロマセラピー、音楽療法、色彩療法なども、その範疇にあるものです。

サプリメントの中で天然物のきのこ類由来ものに免疫を高めるものがあります。サルノコシカケ、アガリクスなどもその仲間で、その成分はβーグルカンですが,AHCCの成分にはαーグルカンにあるのが特徴です。その成分が作用してTNF-α、IFN-γ、インターロイキンー12などのサイトカインを盛んに産生して行きます。これらのサイトカイン(生理活性物質)によって、免疫力が高まってガンと戦う白血球が増強します。
薬ではなく天然物によるこれらの療法は補完代替療法と言われています。アメリカでは1000以上の大学の医学部で講座を持っていますが、日本では金沢大学、大阪大学にしかありません。まだまだ足を踏み出したところです。
サプリメントに限らず、医療の世界に欠けているタッチング(ふれあい)も東洋のお家芸です。日本が補完代替医療を世界に進める旗頭になることを夢見ています。

町田 久

体に必要な乳製品

2006年度の書籍の発行部数ベスト5に“病気にならない生き方”という本が入っています。
200万部は出版されているでしょうか。この本の中で牛乳、乳製品は飲まないようにと勧めています。かえって骨粗しょう症を招く、貧血を起こすと書いてありました。また小児のアレルギー患者は牛乳に含まれている乳糖の摂取に気を遣わないとアレルギーは治らないと説くドクターも多くいます。牛乳の摂取量が年々落ち込み、平成16年度で1世帯あたり244mlとコップ1杯ちょっとという消費量にみられるような牛乳離れが進む中、気になる情報です。

私は北海道生まれで、バスで雪印の工場まで行ける距離に住んでいましたので、よく子供の頃、休みの日にバター、チーズ、牛乳を工場まで買いに行っていた思い出があります。
高校を出て東京に来て驚いたことの一つはバターの大きさでした。私が子供の頃、工場から買ってきたのは1ポンドで、それが東京では4分1ポンド、8分の1ポンドでした。子供の頃はよく暖かいご飯の上にバターを乗せて溶かして食べていましたし、牛乳も毎朝何本も配達されてきました。ですから乳製品を摂取することには何の抵抗もありませんでしたし、当時牛乳アレルギーもあまり耳にしませんでした。

先日日本酪農科学会が主催する牛乳市民講座に出席してきました。
その会で女子栄養大学学長の香川先生は四群点数法による食事を勧めていらっしゃいました。その第一番目に牛乳、乳製品を挙げています。大学のクリニックにおいて乳製品の摂取量と寿命、病気との関係を十数年に亘ってデータを作っています。四群点数法は第1群:乳・乳製品・卵、第2群:魚介・肉・豆製品、第3群:野菜・芋・果物、第4群:穀類・油脂・砂糖に分け、そこに1点80Kcalとして3、3、3、11、計20点で1600Kcalを摂っていこうとするものです。
私が勧めている毎日摂取する食事も乳製品、卵、肉、魚、大豆、海草、野菜、果物、油脂、繊維ですからほとんどが4群にはいります。卵は1個、牛乳1本、三角チーズ1個、ヨーグルト1個、肉50g、魚50gをタンパク質摂取のために勧めています。これで600から700kcalぐらいでしょう。

また桜美林大学院老年学教授の柴田先生は東京小金井市の70歳以上の高齢者を10年間追ったデータを発表しました。
毎日牛乳を飲む男性は10年間生存率77%に対して、時々飲む、全く飲まない男性は62%と特に男性の場合には大きな差が出てきます。先生は牛乳の飲み方をお酒の飲み方に例えていました。少しずつ人肌に暖めて飲むこと、継続して飲むように勧めています。
昔から“牛乳はかんで飲め”と言われていますが、牛乳を一気に多飲すると血中のカルシウム濃度が急激に上がり、その結果、体から急速にカルシウムを排泄するようになります。また消化機能が未熟な小児はもともと潜在的に鉄欠乏の状態にあり、そこに牛乳のみを多飲すると、牛乳には鉄があまり含まれていないため、鉄欠乏状態で腸の粘膜を傷害して腸管出血を起こし、貧血を引き起こしていきます。
牛乳の飲み方にちょっとした工夫をして、毎日の食生活に取り入れていきましょう。

株式会社セラ 町田 久