いま、医療の世界ではガンに対する治療が大きく変わりつつあります。
今までは抗がん剤、放射線、外科手術によってガン細胞を徹底して叩こうとしていました。しかしあまりにガンを叩こうと一方的なため、自分の体の免疫はどんどん落ちてしまいます。髪の毛が抜け、ひどい吐き気がして食事も取れなくなり、睡眠も良く取れず、気分が落ち込みます。QOL(生活の質)がどんどん落ち込んでいきます。一方的な強い治療によってガン細胞がすっかり無くなると完治するわけですが、どんなに強い治療をしても、ゼロにはならず、数%生き残るガン細胞も出てきます。
生き残ったがん細胞は5年、8年、10年と経つと、又大きくなってきます。大きくなってきたガン細胞は強い治療で生き残ってきたわけですから、今度は強い治療を施しても効果的に働いてくれません。

それに対してなるべく体に負担がかからないやさしい治療をしていこうとする動きが出てきています。
ガン細胞に対して、放射線は周りを傷つけないようにワンポイントに、外科手術はなるべく開腹せず鏡視下での手術、そして抗ガン剤も小用量法で、副作用を少なくしていきます。ガンを徹底して叩くのではなく、身体に優しい治療で自分自身の免疫力を高めてガンに対処していこうとするものです。免疫を高める薬はなかなか出て来ていないのが現状です。免疫を上げるには食べ物を食べること(味覚)、触れること(触覚)、匂いを嗅ぐこと(嗅覚)、視ること(視覚)、聴くこと(聴覚)など五感を刺激していかなければなりません。アロマセラピー、音楽療法、色彩療法なども、その範疇にあるものです。

サプリメントの中で天然物のきのこ類由来ものに免疫を高めるものがあります。サルノコシカケ、アガリクスなどもその仲間で、その成分はβーグルカンですが,AHCCの成分にはαーグルカンにあるのが特徴です。その成分が作用してTNF-α、IFN-γ、インターロイキンー12などのサイトカインを盛んに産生して行きます。これらのサイトカイン(生理活性物質)によって、免疫力が高まってガンと戦う白血球が増強します。
薬ではなく天然物によるこれらの療法は補完代替療法と言われています。アメリカでは1000以上の大学の医学部で講座を持っていますが、日本では金沢大学、大阪大学にしかありません。まだまだ足を踏み出したところです。
サプリメントに限らず、医療の世界に欠けているタッチング(ふれあい)も東洋のお家芸です。日本が補完代替医療を世界に進める旗頭になることを夢見ています。

町田 久