医師で登山家の今井通子さんと、21世紀ナビゲーターズコミッティーなどの会でたびたび同席しています。
彼女は世界ではじめて女性でアルプス三大北壁(マッターホルン、アイガー、グランド-ジョラス)を登攀しています。またチョモランマ(エベレスト)で冬季世界最高到達点8450メートルを記録しています。
私も高校生のときはよく山に登っていた話を彼女にしました。 北海道の苫小牧からバスで乗り換えながら1、2時間ほどの支笏湖の湖畔から風不死(フップシ)岳を登ります。風不死とはアイヌ語でトドマツの多い山という意味で1102メートルの山です。熊がよく出るというので、音を鳴らしながら、かなり気を使いながら歩いていました。そう高い山ではありませんが、急な沢を上っていきます。そこから尾根を樽前山のほうに歩き、そこから下っていきます。最後は最終バスのバス停まで急いで歩きます。朝早く出かけて夕方帰る1日登山コースでした。

今井さんとの話の中で、もうずっと山登りをしていないと言ったら、今井さんから“だんだん年をとってきたのだから、高い山を登るべきだ”といわれました。高い山に登ると酸素が薄くなります。若い人は酸素をたくさん使うエネルギー代謝をしているので、酸素が薄いところでの活動は息が続かなくなります。でも年をとってくると酸素をたくさん使うエネルギー代謝ではなく、酸素を少なく使う省エネタイプに変わっていきます。ですから年を取っていくと酸素の薄いところでの活動が若い人よりも有利になるというわけです。最近は若い人よりも多くの年配者の方のほうが登山を楽しんでいるわけがわかります。

KAPPA SCIENCE「スポーツは体にわるい」という本の中に次のような実験が掲載されていました。
“イエバエを250ミリリットルの容積のガラスビンと、容積がその100倍以上もある、27リットルのカゴに1匹ずつ入れて飼育する実験を、多数のハエについて行ってみた。当然、窮屈なガラスビンの中のハエの運動量は少なくなるわけだが、平均寿命は、ガラスビンの中のハエは39日、大きなカゴの中のハエは16日と、運動量の多いハエの寿命は半分以下になった。―略― このほか、いろいろの動物で活動度(運動量)と寿命の関係が報告されているが、野生動物では、必ずといっていいほど、運動量の多い個体のほうが短命になっており、それは、いわば常識ですらある。”

広く動物の世界をみても酸素消費量の少ないヒト、ゾウなどが長寿であり、酸素消費量が多いネズミ、ラットなどは寿命が短いこともこの本の中で紹介されています。
エネルギー代謝、いわゆる基礎代謝量が高いほど酸素の消費量が多くなるわけです。基礎代謝量を高めることは健康を保つ上で必要なことですが、過度に基礎代謝量を高めると酸素の消費量が多くなり、酸素の一部が活性酸素となり毒性を持ち、生体膜の脂質、タンパク質、DNAなどを攻撃して、体を痛めていきます。
活性酸素の毒性を水に除去するには抗酸化物質を積極的に取り入れましょう。脂溶性抗酸化物質ではビタミンE、CQ10、水溶性抗酸化物質ではビタミンC、ライチポリフェノールなどを勧めています。脂肪の分解などの働きもあり、メタボリック対策にはうってつけのサプリメントです。

町田 久