安部塾3回目が開催されました。
今回のテーマは「遺伝子と文化そしてストレス」ですが、今回は遺伝子をテーマにした区切りの3回目になるので、出席者の自己紹介を安部先生が希望され、ストレスの詳しい勉強は次回にして、その時間は自己紹介に回しました。

安部先生は
“文化とは、遺伝以外の手段によって世代間に伝わる行動様式やモノを示す言葉”
として定義しています。そして
“科学も芸術もそして人間らしいほとんどの活動が文化の一つで、ヒトが地球で持つ生物学的地位も、ヒトが持つ文化によって獲得している” と講義されました。
そこで庭野先生(松戸で開業している医師)から質問が出ました。
“遺伝子以外の手段によるものが文化であるなら、文化は遺伝子から外れたものなのかどうか?”
それに対して安部先生は
“ヒトの基本的な仕組みは生物学的に規定されている。その規定された中での文化が引き継がれてきた” と答えられました。
“問題は進化が生物学的性質のため、世代交代時間のスピードが限定される(遺伝子は数千年前の状況に対応した身体と心を作る)のに対し、文化(生活上の技術、生活様式、芸術、宗教)の変化ははるかに早くおきること”
ちなみに女性の遺伝子は男性の遺伝子の10倍のスピードで広がっているそうですから、やはり女性が文化を担ってきたのでしょう。
“ヒトは巨大な脳を得ることで言葉を獲得し、文化を発達させてきた。すなわち大脳皮質が関連する形質を決める遺伝子に支えられてヒトは文化を形成できた。ヒトはその文化の力で生存競争に勝ち抜き、それを可能にした遺伝子を持つヒトが淘汰で残ってきた。”
“現代社会のような巨大さ、複雑さを生じたのは、約5000年前のシリアのウル遺跡の1万人の都市とされています。そこには遺伝子で決められた人間性(形質)と社会が要求される人間像との隔たりがある。このギャップ、ひずみを感じてストレスを受ける”
例えば
“ヒトは顔を認識しあえる集団(100名以下)で仲間意識が育まれるので、大都会では孤独になる。困難な状況では,活動量を低下させて、無駄なエネルギーを消費しない遺伝子は女性のウツに関連する。男と女の性質の違い。” など

また、生物学的特性として、恋は3年、遊びは2時間、集中力は20分であると紹介しました。
人類学者のへレン・フィッシャーさんが書かれた「愛はなぜ終わるのか-結婚・不倫・離婚の自然史」(草思社)では4年目の離婚説が大きな話題になりました。彼女は愛を形づくる3つの脳内システムは原始のころから変わらない、ただそのうち何を一番大事にするかについては、文化などの背景によって変わると言っています。
“ヒトは交配と生殖のために3つの脳内システムを進化させてきた。それは「恋愛」「性欲」「愛着」で、恋愛はどきどきして、相手のこと以外、目に入らなくなる高揚感をもたらします。これに対して性欲は、ほぼどんな相手でも関係を結べる脳システム。そして愛着は長い間付き合っている相手に抱く、落ち着いた感情。”
と考えています。

さて、もう一度生物学的特性を考えてみる必要がありそうです。
生物学的特性をなるべく多く把握しながら生活することが、ストレスを上手に回避する現代人のコツのようです。

町田 久