免疫を賦活するAHCCを20年来扱っていることもあり、がんの患者さん、家族の人たちからの問い合わせが毎月何件もあります。がんと診断されて、これから治療を受ける方、治療を受けられている方で、自分でできることを探している方の相談が多く、紹介での問い合せが多く見られます。医療からの立場でがんの患者さんを見るのとは違い、生活習慣から食事、心の持ち方、医療との関わり方まで患者さんとは多方面での話を進めています。その中で、私なりに気がつくことが色々と出てきます。

抗がん剤、放射線、外科手術の3大療法がおこなわれていますが、その病院、その先生で、随分と治療法が異なっているのには正直驚かされます。どの病院を選ぶかが最初の大きな選択になりますが、その情報が少なすぎます。多くは近くの市民病院、大学病院を選びますが、病院によって治療法が異なるということも情報として持っていた方が良いでしょう。セカンドオピニオンは病院間で普通になってきているので、紹介を受けるなり、すすんで第3者の先生の意見を聞くことは常識にしていきたいです。
いずれにしても初期のがんでの5年生存率は90%を超えますが、3期になると、臓器によって違いが出てきますが40%台に下がり、4期になるとヒトケタ台になる。
医療の進歩は急速に進んでいるとはいえ、3期超えると生存率は急に下がり、日本国民の3人に一人はがんで亡くなっているのが現状です。余命が半年、1年と病院で診断されてくる人が多い中、相談に来られる人の多くは、その余命が3年、5年、10年と長くなり、元気で過ごされます。
手術なりの治療後、また抗がん剤の治療で予後のいい人と悪い人が出てきます。その基本には治療を受ける際の患者さんの免疫力にあると思います。3大療法は直接がんをたたきますが、自分の持っている免疫力は低下します。精神的にも、肉体的にも落ち込んでいる状態で手術を受けると予後は悪いです。がんの手術などでは手術までの時間があります。それまでにいくらかでも免疫を高めることが必要です。抗がん剤の治療中も然りです。

治療を受ける際、自分で納得し、がんと向き合い、心を安定させる。そして免疫をあげる多くの方法を採り入る。免疫をあげるので一番大事なのは食事です。
ガンの患者さんは栄養失調の速度が速いと報告されています。100点タンパク質の卵を1~2個、牛乳、チーズ、ヨーグルトの乳製品のどれかを1個、豆腐、納豆、味噌汁の大豆製品のどれかを1個、肉50グラム、魚50グラム、そして100点タンパク質のプロテインをサプリメントで20g~30gが1日のタンパク質の摂取量です。
他に免疫をあげるものに、バナナ、パイナップル、スイカ、ナシなどの果物、キャベツ、ナス、大根、キュウリ、タマネギなどの淡色野菜、ヒジキ、ワカメ、昆布などの海藻類などが必要です。他に抗酸化物質としてショウガ、かぼちゃ、ブロッコリー、お茶、チョコレートなども加えるといいでしょう。食事を取ることで、腸の免疫が動き出します。
腸は人体最大の免疫器官と言われています。

町田 久