今年64歳の私は毎朝、家を出るまでにその日のための体調を整えています。まず毎朝といっても、月の半分近くは東京を離れ、講演会、セミナ―などで、地方に出かけています。ですから毎朝、体のためといっても話は半分です。

朝は6時に目を覚まします。まず、枕元のカーテンを開けて朝の光を顔にあてます。それからカーボン光線器が足元にセットされていますので、スイッチをつけて足の裏に照射します。色々な種類のカーボンの棒を2,3本、スパークさせると明るい光が出て来ます。症状によって、カーボンの種類を変え、近赤外線、可視光線、近紫外線などが出て、血行を良くしたり、免疫を高めたり、怪我の回復を早めたりします。カーボンの照射は30分。
それから起き出してシャワーを浴びます。シャワーを浴びながら、ごく簡単な手足の屈伸をし、腕立て伏せ、腹筋運動をします。全身にセラリキッドを塗布し、部分的に調子が悪い場所はマッサージしていきます。最後に顔もマッサージします。それから食卓に向かい、朝刊を見ながらの朝食です。ご飯がある時はご飯を、それ以外はトーストを焼きます。おかずも2,3品です。食後に牛乳、バナナ、そしてプロテインを大さじ2杯、レシチン1袋入れて、ミキサーにかけ、色々なサプリメントを口に入れながら飲んでいきます。朝のサプリメントはAHCC、ビタミンE、B群、EQ10、オリゴノールなど。8時前には自宅を出て、歩ける時はこどもの国駅まで12,3分歩きます。
ちなみに昼のサプリはビタミンC、ビタミンB群、セレ二ウムなどを昼食後に、夕食後にはAHCC、オリゴノール、ビタミンA、ピクノジェノ―ルなどを摂取しています。できれば22時に寝床に入り、文庫でも読みながら少し時間を潰します。

我々は24時間で生活していますが、完全に外部からの音、光を漏れないように遮断した6週間の実験で、生物リズムは実際の時間と10分しか違わないというデータが出ています。これらの実験から、24時間の生物リズムは遺伝子ではっきり規定されていることがわかりました。しかし我々は気温、騒音、食事、不規則な生活などによって、生物リズムに影響を与え、誤差を生じさせます。その誤差を調節し、直していかなければなりません。その働きをするのが朝の日の光です。まず起きて、ある程度強い光を浴び、脳の中枢に刺激を与えてリズムをリセットすると、快適な1日が始まります。
次に朝のタンパク質の摂取です。朝のタンパク質の摂取によって体中の臓器にある時計にスイッチが入ります。ピリオドタンパクが作られ、1日の臓器の動きが決まります。ピリオドタンパクは12時間で減少します。そこで朝7時の朝食を取った場合、12時間前後の夜7時にタンパク質の摂取がもう一度必要になります。体重の1000分の1が基礎代謝で必要なタンパク質ですが、必要量の半分は寝ている間に、成長ホルモン、修復ホルモンの代謝で消耗します。ですから夕食は一番重く取るのがいいでしょう。
朝日を受け、朝食は抜かずに、卵、乳製品、大豆製品などのタンパク質を摂取し、夜もしっかりと食事をとる、まずここから健康を考えて行きましょう。

町田 久