穏やかに晴れる日が多くなってきました。セラがある表参道もさらに人通りが多くなり、とても賑やかです。特に週末や祝日は、真っ直ぐには歩けないほどです。私自身もそうですが、人がたくさん行き交う人ごみは苦手という方も多くいらっしゃるかと思います。
人ごみにもタイプがあるようです。多くの人が同じ方向を向いている場合といろいろな方向に向いている場合とでは、歩きやすさが全く違います。朝の出勤時間帯の東京駅より、渋谷の交差点のほうが歩きにくいのはそのためです。そこにパーソナルスペースの問題が発生するため、さらに人ごみを苦手に感じるのでしょう。
アメリカの文化人類学者であるエドワード・T・ホールは、次のように相手との距離感を四つに分類しました。

1.密接距離(0cm~45cm)  身体に触れられる距離。家族などごく親しい人
2.固体距離(45cm~120cm)  二人共が手を伸ばせば相手に届く距離。友人。
3.社会距離(120cm~350cm)  会話ができる距離。あらたまった場。
4.公衆距離(350cm以上)  公式な場。かかわり合いがない距離。

パーソナルスペースとは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことを指します。ごくごく親しい人がこの距離にいることは許されますが、それ以外の人がこの距離に近づくと不快に思う距離というのが45cmなのです。人ごみや満員電車での人との距離感を思い浮かべてください。45cmのパーソナルスペースが保てているでしょうか。空いている椅子がたくさん並んでいたら、すぐ隣に人が座らないように荷物を置くのは、このパーソナルスペースを保とうとする無意識の行動です。
このように、パーソナルスペースは物理的な距離だけではなく、心理的な距離も伴っています。親しくない人とは、自然にパーソナルスペースを広く取りますね。つまり、心理的な距離に比例して、物理的な距離を取ることになります。反対に物理的な距離を縮めることで親しくなることもできます。

タッチングの講習会やワークショップを行うと、家族やパートナーにタッチングをすることは大切ですよとお話しますが、タッチングを行う際の相手との距離感はエドワード・ホールの言うまさしく1の密接距離ということになります。親しいからこそのタッチング効果を期待することもできますし、タッチングを通して心理的な距離を縮めることもできます。物理的な距離も心理的な距離にも変化を起こすことができるタッチングは、言葉とは異なったコミュニケーションの一つと言えますね。

町田映子