30793854_s

昨年に引き続き、静岡のパートナさんのセミナーで講演をさせていただきました。今年は腸内フローラのお話に加えて、皮膚や脳との関係についてお話しました。

少し前にオレンジやローズマリーの香りが認知症に効果があると話題になりましたが、認知症と腸との関係も注目されるようになってきました。認知症の方のほとんどが腸内の悪玉菌の割合が多く、便秘の症状を抱えていると言われ、ここに脳腸相関と呼ばれる脳と腸との関係が見られるというものです。腸と脳は、自律神経やホルモンなどによって互いに行き来し、影響を与え合う密接な関係を持っています。たとえば、脳がストレスを感じるとお腹が痛くなり、反対に腸の調子が悪いと脳は不安になりストレスを感じます。通学通勤中のすべてのトイレを把握しているような過敏性腸症候群は、この悪循環に陥ってしまっているために起こります。ほかにも空腹感が腸から脳に伝達されると、脳は食べるように促すホルモンを分泌し胃腸にシグナルを送るといったように腸と脳は私たちにとって重要な関係性を持っているのです。

この脳腸相関によって、腸内フローラを整えておくことで認知症を予防できるのではないかと話題になっています。腸内フローラの環境をよくするためには、腸内細菌の善玉菌を増やす必要があります。善玉菌というとヨーグルトを思い浮かべる方も多いかと思いますが、日本人には植物性の乳酸菌が合っていると言われます。味噌や米の発酵食品のような馴染み深い食品に植物性乳酸菌は含まれているのです。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べ、過酷な環境下で育つため、からだの中でも免疫力となって働いてくれます。
いつまでも健康に過ごしていくためにも、植物性の乳酸菌を積極的に摂り、腸内の環境を整えておくことが大切です。