先日「お風呂上がりのベビーケア」のワークショップを開催しました。
はじめての出産でどこをどうやって触れていいのかがわからないプレママさんにお集まりいただいて、ベビーオイルを使ったケアの方法をお伝えしました。今抱えている不安から出産後の素朴な疑問まで、おしゃべりをしながらの楽しい時間となりました。
なかでも多くのプレママさんが抱えるトラブルは脚のむくみ(浮腫)です。私自身は双子をお腹に抱えていたため歩きまわることも制限されましたが、医師から適度な運動が必要と言われるので歩くようにしてみると脚がむくむので辛くなるというお話をよく聞きます。

妊娠期の浮腫は、通常とは異なる理由から発生します。
妊娠によってエストロゲンというホルモンがたくさん分泌されるようになることや、お腹や子宮が大きくなって下肢を圧迫することによってむくんでしまうのです。エストロゲンは妊娠すると妊娠を持続させるために子宮を大きくし、乳腺を発達させて母乳を作る準備を促すはたらきをします。そのため出産の数日後まで増え続けます。
このエストロゲンには血管から外へ水分が出やすくする作用もあるため、血液中の水分が血管の外の組織に溜まり、浮腫となります。

そもそも浮腫とは、血管の外にある細胞外液が組織の隙間にたまって皮膚が腫脹する状態のことを言います。
たとえば塩分を過剰にって喉が渇き水分をとると細胞の内と外とのバランスが崩れて血管内の水分も増えます。すると血管から水分が染み出てきて、これがむくみになるのです。妊娠期にエストロゲンが増えると、水分を外へと引っ張る力が強くなります。妊娠には大切なホルモンなので、浮腫が起きてしまうのも仕方がないとも言えますが、少しでも軽減ができるように塩分を控えたり脚を下から上へとマッサージするようにしましょう。