幸福だと感じること ~聖路加市民アカデミーより

先日、“聖路加市民アカデミー”が聖路加看護大学で行われ、聖路加看護大学理事長、聖路加国際病院理事長の日野原先生の講演を聞く機会がありました。
日野原先生は97歳、その日の午前中にもひとつ講演をこなしてきたという、大変エネルギッシュな活動を続けています。国内だけではなく、9月にはブラジルまで行かれ、日本人移民100周年の記念行事に参加されています。ブラジル サンパウロにはニュヨーク経由で22時間の飛行時間ですから、97歳としては飛びぬけた体力、気力がないとなかなか行くことが出来ません。
ブラジルへの移民は、日本政府の当時の不況対策の一環として行われました。未来には夢があるという政府の言葉とは裏腹に、家も畑も無い密林の中での過酷な生活が待っていたという移民の歴史は、本を読んでもわからなかった、実際現地に行かないと分からないものだと講演で熱っぽく語られていました。
ブラジルには日野原先生と一緒に“新老人の会”のメンバー68人が行かれました。“新老人の会”は日野原先生が理事長をしている財団法人“ライフプランニングセンター”の中にある会で、75歳以上をシニアー会員とし、60歳以上75歳未満をジュニア会員、60歳未満をサポート会員としています。
“新老人の会”は5つ目標を掲げています。

1)自立———–自立とよき生活習慣やわが国のよき文化の継承
2)世界平和——-戦争体験をいかし、世界平和の実現
3)自分を研究に—自分の健康情報を研究に活用
4)会員の交流—–会員がお互いの間に新しい友を求め、会員の全国的な交流をはかる
5)自然に感謝—–自然への感謝とよき生きかたの普及

“新健康”として日常習慣を変えていくように日常生活での具体例を挙げていました。福祉関係の会員の方で中国に施設を作るために、80歳のときに中国語会話が出来るように勉強し、韓国に施設を作るために90歳のときに韓国語を勉強し、ブラジルに施設を作るために100歳のときにポルトガル語を勉強した人がいるそうです。能力はみんな持っている、それを活かすか、活かさないかで90歳、100歳でも能力を生かす生き方をしなくてはいけない。また歩き方も指導する先生がいて、歩幅の狭い歩き方から幅を広くして重心を移動させる歩き方をし、手も大きく前には振らずに後ろにも手が行くようにする。声もだんだん低くなりドの音で会話するようになるので、ラの音で会話するようにする。寝る姿勢はうつ伏せが呼吸を楽にする。食事は若いときの60%ほどの食事の量にする。日野原先生は1日3回の食事のうち、固形物は夕食だけだそうです。

高齢者という言葉は差別言葉で、中国の老師はあることに秀でた人に対する尊敬語であること、英語でもoldではなくthe elderlyを使って尊敬語であることを強調していました。 最後に健康とは幸福と同じ意味で、病気に罹っていても、体が不自由でも今、幸福を感じられるかどうかが健康かどうかの基準になると締めくくりました。QOL(生活の質)を見る場合、痛みがあるかどうか、睡眠はよく取れているかどうか、食欲があるかどうか、などはよくチェックされますが、その中に、あなたは幸せですか?という項目もあります。
日本の医療の中で幸福感が一番ないがしろにされているところだと思います。

福岡のセミナーから

9月に第2回“明日の健康を考える会”が開催されました。
講演を関西医科大名誉教授上山先生にお願いしました。上山先生にはいつも聴く側に強く訴えかける、熱っぽい話をしていただいています。がんとは、免疫とは、をやさしく解説し、また先生のこれまでの医療経験から、がんの治療後の再発率は以前からのストレスと関係しているので、日常生活で如何にストレスに対応するかを積極的に考えていかなければいけないと話されました。
ストレスに対抗して免疫を上げるものとして運動、食事、そしてアロマセラピーのことも触れていました。なかでも先生が一番推薦する食材はショウガでした。ショウガに含まれるショウガオールなどが痛みを抑えたり、脳の血行を良くするのでしょう、痴呆に良いとのことでした。1日5、6グラム、スライスして3、4枚を取り入れるといいそうです。
今後、町おこしにショウガを勧めていこうと話が盛り上がり、何百年、何千年と続けられているものに目を向けることが大事だと話されました。今行われているがん治療に100年続いているものがあるだろうかと考えさせられました。

講演会の次の日は博多の中心地、天神にある警固神社の集会場で顔鍼の治療をしました。
顔鍼はまず、ビタミンEが含まれているセラオイルで20分ほどマッサージをして、その後、鍼を顔に23本刺していきます。15分鍼を刺したまま置いておき、それからビタミンEが含まれているジェルを使って、もう一度マッサージをして大体1時間で終了です。顔のマッサージは最初こめかみの上のほうからこめかみに向かってマッサージしていきます。それから眉毛の上の部分、下の部分、鼻の横と進んでいきますが、この辺りで、もう顔にツヤ、ハリが出て、リフトアップの効果が出てきます。顔をマッサージして10分も経たないうちに変化が出てくるのです。鍼は0.12ミリの細い鍼ですので、ほとんど痛みは感じません。鍼は下唇の下のつぼから刺していきます。鍼を刺し終えて置鍼していると体が温まり、寝てしまう方が多くみられます。

セミナーと鍼治療の見学に宮崎からJ-EATの第1期生が参加してくれました。
川越さんは宮崎市でセラオイルを使ってサロン(la* koo 0985-71-0927)を開業しています。その彼女からメールが届きましたので、本人の了解のもと、引用します。

“福岡でのセミナー大変お疲れ様でした。とてもとても、貴重なセミナーでありました。 先生から、色々なお話が聞けたり、治療される所を見学できましたので、今後さらに私も、レベルアップできますこととても嬉しく思います。 何よりも患者様のみるみる変わっていく様子を見れるのは、施術する側も本当に「元気」をもらうんだなーと強く実感しました。先生の治療に感動してました。 患者様も、施術する側も元気になれる素晴らしい仕事なんだと、改めて強く感じることができました。 手は、最高の器ですね。 宮崎でも、セミナーにたくさんの方に参加してもらうことができるよう、ネットワークを広げておきます。”

セミナーにより、このように輪が広がっていき、また顔鍼と免疫についてのデータも大学で作られようとしているなど、今後の顔鍼の動向が楽しみです。

町田 久

エネルギー代謝と活性酸素

医師で登山家の今井通子さんと、21世紀ナビゲーターズコミッティーなどの会でたびたび同席しています。
彼女は世界ではじめて女性でアルプス三大北壁(マッターホルン、アイガー、グランド-ジョラス)を登攀しています。またチョモランマ(エベレスト)で冬季世界最高到達点8450メートルを記録しています。
私も高校生のときはよく山に登っていた話を彼女にしました。 北海道の苫小牧からバスで乗り換えながら1、2時間ほどの支笏湖の湖畔から風不死(フップシ)岳を登ります。風不死とはアイヌ語でトドマツの多い山という意味で1102メートルの山です。熊がよく出るというので、音を鳴らしながら、かなり気を使いながら歩いていました。そう高い山ではありませんが、急な沢を上っていきます。そこから尾根を樽前山のほうに歩き、そこから下っていきます。最後は最終バスのバス停まで急いで歩きます。朝早く出かけて夕方帰る1日登山コースでした。

今井さんとの話の中で、もうずっと山登りをしていないと言ったら、今井さんから“だんだん年をとってきたのだから、高い山を登るべきだ”といわれました。高い山に登ると酸素が薄くなります。若い人は酸素をたくさん使うエネルギー代謝をしているので、酸素が薄いところでの活動は息が続かなくなります。でも年をとってくると酸素をたくさん使うエネルギー代謝ではなく、酸素を少なく使う省エネタイプに変わっていきます。ですから年を取っていくと酸素の薄いところでの活動が若い人よりも有利になるというわけです。最近は若い人よりも多くの年配者の方のほうが登山を楽しんでいるわけがわかります。

KAPPA SCIENCE「スポーツは体にわるい」という本の中に次のような実験が掲載されていました。
“イエバエを250ミリリットルの容積のガラスビンと、容積がその100倍以上もある、27リットルのカゴに1匹ずつ入れて飼育する実験を、多数のハエについて行ってみた。当然、窮屈なガラスビンの中のハエの運動量は少なくなるわけだが、平均寿命は、ガラスビンの中のハエは39日、大きなカゴの中のハエは16日と、運動量の多いハエの寿命は半分以下になった。―略― このほか、いろいろの動物で活動度(運動量)と寿命の関係が報告されているが、野生動物では、必ずといっていいほど、運動量の多い個体のほうが短命になっており、それは、いわば常識ですらある。”

広く動物の世界をみても酸素消費量の少ないヒト、ゾウなどが長寿であり、酸素消費量が多いネズミ、ラットなどは寿命が短いこともこの本の中で紹介されています。
エネルギー代謝、いわゆる基礎代謝量が高いほど酸素の消費量が多くなるわけです。基礎代謝量を高めることは健康を保つ上で必要なことですが、過度に基礎代謝量を高めると酸素の消費量が多くなり、酸素の一部が活性酸素となり毒性を持ち、生体膜の脂質、タンパク質、DNAなどを攻撃して、体を痛めていきます。
活性酸素の毒性を水に除去するには抗酸化物質を積極的に取り入れましょう。脂溶性抗酸化物質ではビタミンE、CQ10、水溶性抗酸化物質ではビタミンC、ライチポリフェノールなどを勧めています。脂肪の分解などの働きもあり、メタボリック対策にはうってつけのサプリメントです。

町田 久

タンパク質が代謝を高める

今年も猛暑が続いています。東京は7月中旬から20日間30度を越えていますが、台湾の対岸にある交流先の中国福建省ではこの時期38度を超える日 が続いています。この数年は40度を越える日も記録しています。40度が続くとヒトの体が追いつかず、危険な状態になり亡くなる方も出てきます。
ちなみに冬のハルピンでマイナス35度を経験しましたが、足先から頭までしっかりとした防寒具が必要となります。特に口と鼻から急に冷たい空気を肺に入れると呼吸困難を起こします。どちらにしても気温に応じての体温の急な変化は体に無理がかかります。

治療の際、いろいろな病気の方を問診していますと、低体温の方が、ことに若い女性に目立っていらっしゃいます。私達は、体の代謝をスムーズに促していくためには、少し高めの体温が必要で、体温が低いといろいろな代謝が滞ってきます。
例えば、不妊症の患者さんの足を触ると氷のような冷たさを感じます。その冷たい血液が子宮に運ばれ、卵巣、子宮などでの代謝を抑えてしまいます。足が温かくなってくることが妊娠の目安にもなります。といって毎日足湯をしていくだけでは解決にはなりません。

すべての代謝はDNAの設計図から作られたタンパク質(主酵素)にビタミン、ミネラル(補酵素)が結合して、基質に働きかけて進行していきます。卵巣、精巣で性ホルモンが作られるためには、いくつかの代謝を経ていきます。
肝臓内で酢酸からスクワレンが作られ、スクワレンからコレステロールが作られます。そして卵巣、精巣内でコレステロールが基質となって、DNAの指令によって構造が決められたタンパク質にビタミンEが結合して黄体ホルモンが作られます。
黄体ホルモンからヒドロキシプロゲステロンにそしてヒドロキシプロゲステロンから性ホルモンが、一方、同じ代謝を経てコルチゾールなどの副腎皮質ホルモンが作られます。この代謝にはビタミンCが必要です。副腎皮質ホルモンは消炎、抗ストレスに働きます。

性ホルモンの代謝を促すにはコレステロール、タンパク質、ビタミンEが必要となり、それら が結合するために熱が必要とされます。低体温でなおかつ低コレステロールの人が多く見られますが、それらの方は性ホルモンの代謝が滞り、不妊症、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣脳腫、更年期障害などの婦人科疾患にかかりやすく、ストレスに弱く、炎症の回復も遅くなります。
コレステロール値を高めるには肝機能を高めることが大事です。コレステロールは1日2000mg必要とすると、そのうち1500mgほどは主に肝 臓で作られます。そして肝臓での代謝に一番必要なものは高タンパク質です。また体温を上げるためにも高タンパク質が必要となります。
体温を保つのは筋肉で、筋肉ではビタミンE,コエンザイムQ10などを利用しながらエネルギー代謝によって熱が作られます。筋肉はタンパク質ですから、タン パク質の摂取が不足してくると、筋肉が衰え、エネルギー代謝が落ち込んできて、低体温になります。若い女性は極端なダイエットに走ります。
タンパク質の摂取が不足して低体温になると、脂肪をつけて体温を保とうとします。結果は食事を抜くと脂肪がつくといった悪循環に陥ってしまいます。タンパク質を毎日摂取するよう心掛けましょう。

町田 久

紫外線にはご注意を

先日テレビNHKスペシャルで紫外線にまつわる病気の特集をしていました。
オーストラリアの日光による皮膚ガンの発生率は世界一で、特にヨーロッパから移住してきた白人に皮膚ガンの発生リスクが特に高く、2人に1人が皮膚ガンになると予想されています。特に8割以上は日光にさらされて顔に出来たと報告されています。今回のテレビでも何度も何度も皮膚ガンの手術を繰り返してきている男性が紹介されていました。太陽の陽は緯度の低い地方ほど強いわけですが、オーストラリア人はビーチが好きで毎夏560万人が日焼けしていると言われています。

ガン研究所をはじめ国が色々なキャンペーンを行っていますが、その中にsun smart(サンスマート)プログラムというのがあります。
1) slipスリップ(長袖を着る)
2) slopスロップ(日焼け止めを塗る)
3) slapスラップ(帽子、サングラスをかぶる)
と3つの方法を提唱しています。10歳までに浴びる紫外線の量が多いと生涯における皮膚ガンの発生率が3~5倍高くなると言われ、小学生から高校生までこのsun smartプログラムを徹底させています。

ところが一方、イギリスの日照時間の少ない地方に住む黒人の子供は骨が変形したり、成長が妨げられたり、毎日ビタミンDを投与されています。黒人は皮膚にメラニン色素が多く、紫外線をブロックしてしまい、日照時間が少なくなるとビタミンD欠乏症になってしまいます。ビタミンDは紫外線が当たることによっても体内で合成され、カルシウムの骨への吸収を促します。

日本でも新潟など日照時間の少ないところは骨粗しょう症のお年寄りが多く、逆に札幌では皮膚病が多くなっています。札幌は北極圏のオゾン層の破壊と関連して、オゾン層におけるオゾンの量が顕著に減少し、有害紫外線の量が増えてきています。
このように日照時間、オゾン量などで紫外線は多くても少なくても問題があり、皮膚の色によっても影響があります。自分の地域の季節ごとの紫外線量に関心を持つことが必要です。

紫外線は、可視光線より短く、光のスペクトルで紫色よりも外側になるので、英語ではultraviolet といいUVと略されています。UVには波長によって3つに分けられます。UVA(400~315nmナノメーター)、UVB(315~280nm)、UVC(280nm)があり、UVA、UVBはオゾン層を通過して地表に達しますが、UVCは通常は大気を通過できません。UVAは皮膚の奥まで入り、コラーゲンにダメージを与えて、肌の弾力を奪い、しわやたるみを作り、UVBは表皮に入り日焼け(サンバーン)を起こし、防御反応を取って免疫を低下させ、皮膚ガンや白内障の原因になります。
紫外線による酸化を防ぐには、外出前のビタミンC、ほかにプロテイン、ビタミンE、Aが必要です。日焼け止めのクリームはSPFの数字が目安で何も塗らないと肌は20分ぐらいで赤くなります。たとえばSPF10のクリームですと10倍の200分、3,4時間効果があるわけです。長い外出の場合は40とか50がいいでしょう。そして帰宅してからのビタミンEオイルでのマッサージが効果的です。

町田 久