• 03-6721-1710
  • info@ceraworld.com

タグアーカイブ オイルケア

紫外線と目のオイルケア③

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

ビタミンEオイル「セラリキッド」

目に紫外線が入ると、
脳に紫外線が入ったという信号が送られます。
そのため紫外線から体を守ろうとして
メラニン色素をつくりろうとします。
皮膚が紫外線に当たっていなかったとしても
紫外線に当たったような状態になってしまうことに。
肌だけではなく目の紫外線にも注意が必要です。
ちなみに色の濃いサングラスは反対に瞳孔が開くため、
紫外線を通してしまうことになるとも言われています。
曇っていても紫外線の強い季節になってきますので、気を付けたいものです。

④につづく…

紫外線と目のオイルケア②

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

ビタミンEオイル「セラリキッド」

紫外線は3種類に分かれています。
波長の順番に短いほうから「UV-C」「UV-B」「UV-A」といいます。
このうち地上に届くのは、UV-B、UV-A。
UV-Bは、目の角膜に吸収されて炎症を起こすことがあります。
UV-Aは、目の奥にある水晶体まで届いてしまいます。
水晶体が酸化されると、白く濁ってしまい白内障になってしまいます。
目から紫外線が入るのを防がなくてはいけないことが分かりますね。
③につづく…

紫外線と目のオイルケア①

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。
日差しが強いと感じるようになりました。
光の眩しさが目に痛く感じるはないですか?
少し前まではサングラスはおしゃれのためのものでしたが、
最近は必要に迫られるようになったと感じます。
パソコンやスマホに、紫外線と目には悪影響なことばかり。
しっかりと目のケアもしていく必要があります。
今回は紫外線と目のケアについてお伝えしていきます。

ビタミンEオイル「セラリキッド」

光は目に、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7つの色に見えます。
ちなみに馴染み深い虹もこの順番に並んでいます。
これらの色は電磁波の波長の順番に並んでいて、
紫外線は紫より波長が短いので、
紫の外「紫外線」と呼ばれます。
②につづく…

オイルケアでぷるツヤ唇に①

ビタミンEオイル「セラリキッド」

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

急に暖かくなって、桜も満開になりました。
気温も上がり、体にも肌にも急激な変化が起こりやすい時期です。
唇がガサガサしていたり、皮がむけやすくなっていませんか?

顔の肌の状態に比べると見 落としがちな唇。
ですが、皮膚も薄くデリケートです。
唇には肌のように皮脂腺がありません。
そのため、肌に潤いを与えてくれる皮脂が分泌され ることがありません。
カサカサになることはあってもオイリーになることはないのです。
肌は皮 脂によってバリア機能が働いていますが、唇にはそれがなくダメージを受けやすいことがわか ります。
さらに、角質層もとても薄いものしか存在しません。
角質層とは表皮の一番上にあるもので 0.02 ㎜ほどの厚さしかないのですが、内部の水分が蒸発しないよう肌を守ってくれています。
唇は水分が蒸発しやすく、乾燥しやすい状態なのです。

②へつづく。

2018年3月コラム「花粉症による肌荒れとオイルケア」

花粉症といえば、くしゃみや鼻水が止まらないというイメージですが、実は花粉は肌にも悪影響を与えています。この時期の肌荒れの理由を、何度もティッシュを使うから? 一日中マスクをしているから? 季節の変わり目だから?と考えていませんか。
花粉が肌につくことによって、まぶた、頬、顎や首まで赤みや痒みが出ます。ヒリヒリしたり、皮がむけたり、湿疹が出たりと症状はさまざま。花粉症と一緒に見られる症状でもありますが、最近は皮膚炎のみが出るケースも増えてきました。
寒暖差も激しく、まだ暖房の風にも当たり、肌は乾燥しています。免疫力や抵抗力が低くなっているところに、アレルゲンが運ばれてくることになります。
花粉症皮膚炎にならないようにするためには、花粉がついている状態をできるだけ短くすることと保湿を心がけること。やさしく泡立てて洗顔をするようにしてください。できれば髪の毛からしっかり全身洗い流してしまいましょう。そして大切なのが保湿ケアです。
免疫力が下がった肌には、包み込むオイルケアがおすすめ。 洗顔をするときも同じことが言えますが、こすったり触りすぎるとダメージを与えてしまいます。両手にオイルをとって手に馴染ませたら、肌にオイルを吸わせるように、そっと手を当ててください。顔は立体になっていますので、カーブに合わせて手をそえることが大切です。額や鼻から下の部分は片手で横から当てます。特にピタピタ動かす必要はありません。まんべんなくオイルが付くように何度か繰り返しましょう。肌がお腹いっぱいになると、手にオイルが残るようになりますので、肌が欲しているだけのオイルを吸収させるようにします。 また、オイルに花粉がすぐについてしまわないよう吸収率の高いオイルを使うか、夜のお手入れにオイルケアを取り入れてください。 オイルケアでダメージを防ぎ保湿をしておくと、マスクが外せるころにはターンオーバーされたキレイな肌が出来上がっていることでしょう。