• 03-6721-1710
  • info@ceraworld.com

タグアーカイブ

2018年1月コラム「髪にも頭皮にもオイルケア」

最近、母が自分の髪の毛が気になると言い始めました。歳をとると髪の毛が細く少なくなるので、量やハリがなくなってきてしまいます。私の母の場合は、白髪も少なく、量もそんなには減っていないように思うのですが、毎朝どうしても目に入るので気になってしまうのでしょう。今回は母にも紹介したセラリキッドを使ったオイルのケアをお伝えしたいと思います。
頭皮も肌ですので、あらゆるダメージを受けてしまいます。私たちは目に見える顔や体の肌には気を配りますが、どうしても頭皮は置いてきぼりにしがち。ですが真っ先に紫外線を受け、エアコンの風に晒され、シャンプーでゴシゴシと洗われていることを考えると、乾燥したりニキビができるのも頷けます。ほかにも抜け毛や湿疹、フケ、かゆみといった頭皮のトラブルは意外と多くあります。これらのトラブルを避けるために、お風呂あがりのほんの数分だけオイルケアをしてみてください。

オイルケアをすると言っても、大量のオイルをべったりと髪につけることはお勧めしません。タオルで優しく水分を拭いたあとに、すぐにケアしてください。ここも肌と同じように考えていただければいいと思います。手にオイルをとりますが、このとき手のひらではなく指先のほうにオイルをつけてください。一回指先に行きわたらせるように馴染ませます。
指先を使って、頭皮をマッサージするようにします。このとき指先を使って行いますが、爪は当たらないように注意してください。頭皮を傷つけてしまいます。あまり強くすると、反対に頭皮にダメージを与えてしまうので、ゆっくりやさしく頭皮をつかむようにして動かしてみてください。オイルを頭皮に浸透させるようにするのがコツです。頭皮をケアした残りのオイルを髪の毛にいろいろな方向から馴染ませてください。そのあと、ドライヤーで乾かしましょう。
簡単なオイルケアをすることで、髪や頭皮の乾燥を防ぐことができ、血行をよくすることができます。水分や栄養を行きわたらせることで、新しい毛髪も生えてくるので、薄毛に悩む方にもオススメです。

 

2017年8月コラム「紫外線のダメージを受ける夏のパサパサ髪」

 

 

 

の遺伝子をしっかり受け継ぎ、くせ毛が目立つようになってきた子供たち。長年扱い慣れている私とは違い、毎日悪戦苦闘しています。特に夏の暑さが厳しいこの時期は、外で部活に明け暮れているのもあってパサパサに拍車がかかっています。

 

髪はその90%がケラチンというたんぱく質でできています。身体のなかに取り込まれたたんぱく質は細かくアミノ酸に分解されますが、そのうち18種類のアミノ酸が再結合したものをケラチンと言います。このケラチンが少なくなると、髪にツヤやコシがなくなったり、すぐ抜け落ちるような細く弱い髪になってしまいます。ケラチンのなかで、もっとも多いのがシスチンというアミノ酸。私たちの体内でも作ることができますが、年とともに減少していきます。

シスチンは結合することで髪を丈夫にしてくれています。しかしこのシスチン結合は紫外線に当たると切れてしまいます。同時に紫外線を吸収することで髪の酸化が進みます。このときシステイン酸が生成されてしまい、シスチン結合は元に戻ることができなくなるのです。夏の外出時にパサパサになったりダメージを受けた髪になってしまうのはこのためです。

紫外線量の多い季節の外出には日焼け止めは必須という方も多いと思いますが、髪の紫外線対策は疎かにしがちです。肌より何倍も紫外線を浴びている髪。帽子や日傘といった外からの対策と、髪を元気に保つ栄養をしっかり経口摂取する対策を、毎日のなかに組み込むようにしましょう。

またオイルを髪のケアに使うのもおすすめです。シャンプーの前ならば頭皮から髪にかけてオイルを塗ってヘッドマッサージをしてから洗い流したり、シャンプー後にパックのようにしばらく経ってから洗い流したり。手にオイルをとって髪に馴染ませてからドライヤーをかけるのも効果的です。ぜひお試しください。