14124372_s

トリガーポイントというのは、ピストルの引き金“トリガー”から名付けられています。肩こりがひどく肩の筋肉を押したら、頭部の違う場所に突然痛みが走る経験をしたことはないでしょうか?ある一ヶ所を押すと、そこから離れた箇所で痛みが発生することをトリガーポイントと言います。今、治療院やサロンでは、施術のヒントとして多く取り入れられている考え方です。
先日NTTドコモが、スマホを持つときに小指で本体を支えていると小指が変形してしまう危険がある、とツイートしたことが話題になりました。小指に痛みがなかったとしても、手に炎症が起きていたり、下を向いて操作することで首に痛みが出ていることが考えられます。ここが痛いなと自覚した場所に原因があるのではなく、普段の何気ない行動や癖と関係していることにはなかなか気がつかないものです。

以前からお世話になっているフロムハーブさんで、今月は脚のトリートメントの講習会をさせていただきました。脚のような大きな面積に対する施術は、ビタミンマッサージトリートメントを体験していただく最適の箇所です。ビタミンEを身体に浸透させる独特の手技を行っていくと、はじめて体験していただくモデルさんも、ビタミンマッサージをはじめて施術するセラピストさんも眠たくなるというのが、いつもいただく共通した感想です。手の全体を使いゆったりと施術することによって、施術を受ける側はもちろん、施術をしていてもカクっと意識が飛ぶくらいリラックスすることができるのです。

痛みを感じているときには、神経が高ぶっているので、イライラしたり思うように感情をコントロールすることも難しくなります。痛みがある箇所だけではなく全身を施術していくことで、トリガーポイントのように気にかけていなかった部分にある痛みの原因を取り除き、リラックスした時間を過ごし癒しを得ることができます。

今どこかに痛みを抱えている方も多くいらっしゃると思います。その痛みがどこからくるものなのか、本当にその箇所で発生しているのかをもう一度見直してみましょう。たまにご褒美としてパートナーや親しい方、セラピストに全身をトリートメントしてもらうと、思いもよらない効果があるかもしれません。